スピンボールを打つ際のラケットの使い方。その他、今日頂いたアドバイス。

本日も朝からテニスをして参りました。

その中でコーチにとても大切なことを教わりました。

スピンボールを打つ人は必見です。

胸より低いボールはラケットを縦に振る(縦に使う)

胸より高いボールはラケットを横に振りながらワイパー

胸より低いボールを横振りでワイパーしてしまうとボールがかなり浅くなってしまいます。

ボレーのアドバイスも頂きました。

ボレーは必ず頭を残して、暫くインパクトした面を見る形を取ると面がぶれにくい!

フェデラー選手もまさにこれをやっていますね!

ボレストをする時のストローク側は、ラケットを早く構えてゆっくり振るとラリーがしやすい。

風上はボールを浅めに打ってもコートの奥まで伸びる。

逆に風下は思った以上に強めに打つことと、高い球はかなり戻されるのであまり打たない方が良い。

風の強い日のスマッシュは、いつものスイングではミートしにくいので、とにかくラケットの真ん中に当たるように心掛ける。

そもそも風の強い日に気持ちいいプレーはなかなかできない。

サーブはトスを同じ位置に上げるように心掛け、いつも同じスイングをすると安定しやすい。決してトスにスイングを合わせるのではない。

球出しは肘支点ではなく肩支点にすると、かなり安定しやすい。

細かいコーチングは他にもありますが、特に心に響いたことは以上です。