本日のテニスレッスンのおさらい

ストロークを打つ際は必ず頭を残し、身体が開かないようにする。

フォアハンドは思っている以上にボールを遠くで捉える、詰まってしまうとラケットが走らない。

回転は小指から薬指の3本で引っかけるようなイメージでかけると安定する。

高いボールはラケットを平行に振るイメージで振る。

テイクバックは早ければ早い程よく、最初はそれが打ちにくいかもしれないが、絶対に球のバウンドに合わせてリズムを取らないこと。

回転量はラケットをボールより下にセットすればする程かかるが、ボールを捉える場所は必ず真後ろ。

フォアハンドでラケットを走らせるこつは、左手の先に空間をイメージし、そこにラケットを走らせるイメージを持たせ、インパクトするまでは身体は回さないようにする。

バックボレーの際もしっかり軸足でためて踏み込み、踏み込み足は擦り足にならずにしっかりステップする。

サーブの際、トスを上げた後は左足側に体重をかけて腰を少し前に突き出し、手の先から足の先までを1本の柱にするいわゆるトロフィーポーズをしっかり作る。

サーブの際もストロークの時にイメージした空間にラケットを振るというイメージを持つ。

サーブの左手はなるべく高くするようにすると、右手の振る位置も自然と高くなるので、すぐに左手を下ろさないようにする。