本日のテニスレッスン

今日学んだことを、いつもながら箇条書きしていこうと思います。

フォアハンドの当たりが薄くなってしまう場合は、グリップをセミウエスタンぐらいにし、白帯を狙うようにフラットボールを打つようにする。スピンは後から追加可能。

当たりが厚くなってきたら、フォロースルーで肘を畳むようにし、スピンをかける(ワイパースイング)

フォアハンドストロークが実は1番難しいショットと言われている。

フォアハンドを打つ際は身体を回しすぎないようにし(つまりは身体が開かないようにする)、頭を必ず残す。フェデラー選手はずっと頭が残っている。ただし、腰を全く回さないのではなく、少し腰を回しロックをすることによってスイングスピードを上げることができるので、そこは間違えないようにする。

バックハンドストロークは足を開きすぎると軸がぶれやすくなるので、実はそんなにスタンスは大きく取ってはいけない。振り遅れの原因にもなる。

ベースラインから打つスライスは、しっかりフォロースルーを取ること。また前でボールを捉えすぎるのも良くない。

ラケットでボールを捉えた際にボールを5cmくらい押すと、かなり良いインパクトになり、ボールに伸びが出る。

ボールが収まりきらない場合は、スイングスピードを少し落とすか、スピン量を増やすことで調整する。

準備はなるべく早くするようにし、しっかり溜めを作る。

今日はこんなところです♪