本日のテニスレッスンまとめ

今日はサービスとダブルスのロブについてとても重要なことを学べた。

いつものように箇条書きにしていこうと思う…

サービスの際ボールを捉える時は、プロネーションを使いラケットを横から上に起こしながら捉えるのが基本。真後ろを真っすぐ引っ叩くのではない。その為、フラットサーブと言っても若干だがトップスピンがかかるので、ボールが安定してサービスエリアに入りやすい。

フラットショットというのはそもそも無回転の球のことを言うのではなく、水平に真っすぐ飛んでいく球のことを言う。フラットが無回転という認識をしているのはそもそも日本だけ。無回転のボールは野球でいうフォークやナックルのことを言う。

ダブルスの際にロブを使った戦略を立てることにより、相手の判断に選択肢を持たせることができるので、相手を崩しやすい。

平行陣はあくまでいいアプローチを打った時などに良い態勢で取れた時に強いのであり、平行陣を先に取った方が強いというのがそもそも誤りである。平行陣は取った瞬間の態勢でほぼ優劣が決まってしまう。

ロブを上げる方向だが、フォアサイドから上げる時はストレート、バックサイドから上げる時はクロスに上げるのが基本である。これは相手が2人とも右利きの場合のセオリーだが、この方向に上げた場合、万が一ロブに早めに反応されてもバックになりやすい為に攻撃されにくいからである。

平行陣を取る側がボレーのミスが多いようではお話にならない。

雁行陣側は低く球を集めるにしてもセンターよりに打つこと。外側に打ち過ぎると相手の返球がもっと外を狙うことができるので苦しくなるからである。

なんでもかんでも相手の球が浮いたからといって1発で決めようとしないこと。相手を1球目で崩して2球目3球目で仕留めるようにした方が安定する。