本日のテニスレッスン

今日は技術的なことはそんなに多くはなかったですが、メンタル面でとても大切なことを学びました。

それはポイントを意識した時のショットの選択です。

例えば…

ノーアドで40-40になった時に、基本はファーストサーブは絶対に入れにいく。コーチレベルでさえ、ここでファーストを外してセカンドになった場合の入りは50%くらいになってしまうという…。

40-0の時こそ一か八かのショットではなく、安定したショットばかりを使う。フェデラー選手でさえ、ここで勿体ないミスをしてしまうと捲られるということを十分に想定していると予想できる。我々素人はもっと気を付けなければいけない。

要するに、ただナイスショットを打とうとするのではなく、ポイントを意識したショットの選択を次の課題としてはできるようにならなくてはいけない。