本日のテニスレッスン

今日も新しいことをたくさん学べました!

いつものごとく、箇条書きでまとめていきたいと思います。

ストローク編

・内から外へのスイング軌道を必ず意識する。外から内へのスイング軌道は絶対に安定しない(フォアもバックも)

・ボールとの距離はラケット1本分を必ず取らなければ詰まってしまう

・インパクトするまでボールを見るようにすると、一瞬ボールが視界から消えるが、これが最後までボールを見ている証拠。もし、ずっとボールが見えているのならば、それはインパクトの瞬間を見ていないことになる

スマッシュ編

・スマッシュはサーブと違い回転は全く必要ないので、ラケットを完全に縦に立てた状態のところでとらえて面を被せるようにして打つ

・ミートギリギリまで左手で必ず身体が開くのを抑制すること。ミート時に正面向きになることはない

・ラケットを倒している途中で(スイング途中)はなく、ラケットが一番高くなったところが、正しいミートポイント

・サーブのようにレッグドライブや肩の上げ下げをあまりせずに、コンパクトに打つこと。身体を使いすぎた大振りは禁物

・一言でいうと、サーブとスマッシュは違う

・スマッシュを打つ際はラケットヘッドを落とさないように気をつけて、なるべく面が上にくるようにセットする

・バックボレーのハイで取らなくてはいけない場合、両手でドライブボレーにするのは有効。その際はスマッシュのように面を倒しても良い。面を被せてもいいので強い球を打つこと

サーブ編

・サーブもインパクトする瞬間までしっかり見ること。一瞬ボールが消えるのが最後まで見ている証拠になる

ダブルスフォーメーション編

・基本は全てV攻撃をすること

・スマッシュやハイボレーを打たれるからと言って下がりすぎると、ブロックできない

・相手が平行陣の場合、攻撃してきた相手にもう一度返すと相手の反応が遅れてミスを誘いやすい。相手が雁行陣の時は後衛に返すこと

・こちらが平行陣を取り、クロスラリーをしている時の前衛側のセンター攻撃は有効だが、後衛側のセンター攻撃はそこまで攻撃にはならない。後衛側は相手前衛の外側を狙えると大きい

・ストロークで相手前衛の足元に良いボールを打った場合、ナチュラルドロップ(ガシャり)が起きることがあるので、前のケアを忘れないようにする

・平行陣の相手をロブで下げた場合、下げた方に再び返すことによってミスを誘発しやすい

・基本ダブルスは守るコースが3カ所あるが、2人で守らなくてはいけないので、返球されやすい2カ所を潰すのがセオリー

以上です!