本日のテニスレッスン

正対→半身→横向き

ボレー編

・自分の前でパントマイムをするイメージでラケット(手)を構えて、身体の前でボールを処理することが基本。よく引きつけてボレーするというコーチがいるが、実際は少し前でなければならない。横を向き過ぎるとインパクトが後ろ気味になりやすいので注意が必要

・ボレーは横向き横向きと言われるが、実際は構えた時は半身ぐらいでインパクトしながら(踏み込みながら)横向きになるイメージだとベストな感じになる。よって完全な横向きとは言わないかもしれない

・ローボレーの際はあんまり上から下に降ろしながらインパクトをすることはあまりないが、プロのようにスライス回転を多くかけたい場合は全くしないわけではない

サーブ・スマッシュ編

・ヘッドを下げて上げたところでインパクトする。よってボールを引っ叩くというイメージではない

・サーブとスマッシュも横向きというよりはどちらかといえば半身

・コンチネンタルグリップよりもさらに薄いグリップにすると色んな球種のサーブを同じグリップで打てるようになるし、回内運動が使いやすいためにスピードも上がる

ストローク編

・低いボールをスピンで打つ場合は少し下から持ち上げるように打たなくてはならない。まっすぐは厳しい