先日のテニスレッスンまとめ(テイクバック)

・テイクバックを効率よく尚且つカッコよく引くためには、しっかりと肘を引くことを意識する。後ろにいる相手にエルボーするイメージで引く。つまりあまり肘を下げ過ぎないことも大切

・上記のようにテイクバックをすると、ラケットは必ず身体全面側になり、尚且つフェースが身体と同じ方向に向く。これが正しくテイクバックできてる確認にもなる

・ショットを打ちにいく際は脱力により自然にヘッドが下がってから打ちにいく。というよりは手を前に振ろうとすれば、自然の流れにより勝手にヘッドが落ちる

・つまりフォアのテイクバックはヘッドを立ててするのが望ましい。これによりヘッドが落ちる遠心力もスイングに繋げることができる

・両手バックはあまりヘッドを立てては引かない。ただし片手バックは立てて引く

・またヘッドが落ちる遠心力を使いたいからといって、腕を使ってヘッドを回してはいけない。これが属にいう二度引きであり、あくまで手が前に出ることによって自然とヘッドが落ちるということを忘れてはいけない

・ユニットターンが基本であり、一回の動きでテイクバックを完成させなければならない

・フォアは右足、バックは左足から動き出すのが基本であり、その際にテイクバックも同時に行うと自然なステップワークになる

おまけ

浅いボールは前に近づいてからユニットターンすること。ユニットターンのままあまりに浅いボールは流石に打ちにはいけない(笑)