本日のテニスレッスン(サーブをゼロから作り直す)

サーブをゼロから作り直すことに決めたので、サーブの内容はかなり重要なことが書いてあります。

 

ストローク

・テイクバックはユニットターンでするのが基本であるが、形は正直そこまでこだわらなくてもいい

・それよりもインパクト時にラケットが内から外に出ることが大切であり、身体に巻き付けるほどワイパーをする必要はなく、イメージとしては外に振って上に振り上げるくらいである

・ボールの打点に遠いスタンスから並べると、クローズド、スクウェア、セミオープンであることはイメージとして持っておくことが大切。つまりはセミオープンは打点が近くてもしっかり打てる

 

ボレー

・ボレーはテイクバックを小さくし、インパクト時からインパクト後までヘッドをしっかり出すこと

・インパクト時にヘッドが真横よりも前に出ていないと力が入らない

・ブロックボレーをする際にもよく見るとヘッドはやや前に出ていることを忘れずに

・身体を正面でセットして、インパクトからフォロースルーにかけて身体を横向きにしないとヘッドが出ない

・フォアボレーのフォロースルーは上腕筋が胸に付くくらいがいい

・バックボレーの際はラケットを持っていない方の肘をフォロースルーの逆側にしっかり広げること

 

サーブ

・サーブトスは指3本で上げる方法と5本全てを使って上げる方法があるが、手の平では絶対にあげない

・サーブトスは目の高さでリリースすることと、リリースからそのまま左手を上にあげることが大切

・サーブトスは上げた後に頭にぶつかるくらいが一番多くの球種が打てるので、まずはそこに上げる練習を全力で行うこと

・肘の位置を一瞬でセットし、そこから動かさないことが内旋と外旋を上手く使って打つこつ

・サーブトスも手だけではなく身体全体を使って上げることが大切であり(膝を使いすぎるわけではない)、リズムをしっかり作ることが大切。プラットフォームの場合は前から後ろに体重移動しながら上げると上げやすいが、リズムの取り方は多少個人差がある

・初めは最初から肘を上げた状態から練習するのがベストだが、ジャンプしたり身体全体を使う動きはしっかりして、手打ちにならないこと

・バックサイド側からワイドの打つ練習から始めるとイメージがつきやすい

・サーブも内から外にラケットを出すラケットワークを使う

・ラケットヘッドを上(やや外側)に抜く動きでインパクトをすること